COCOROOM 特定非営利活動法人 こえとことばとこころの部屋
ココルームとは 事業内容 施設案内 イベントスケジュール 事業報告 スペシャル
     



2011年 イベントスケジュール

1月1日(土)

8:00〜、ココルーム
カマン! メディアセンター 新春スペシャル・東西対抗お雑煮大合戦!
お雑煮は一杯300円。

西と東、それぞれのお雑煮が戦います。
自分の出身地のお雑煮を食べるもよし、ちょっと別の地域のお雑煮に挑戦してみるもよし。
そして最後には、前代未聞、東西両方のお雑煮を混ぜてしまう予定!(その前にお雑煮が無くなってしまったら中止かも)
お正月限定の、お好きなお雑煮の味をお楽しみください。材料の持ち込みOKです!! 

15:00〜
カマン! メディアセンターお正月だよココルーム 大かるた大会!

かるた大好きかなよさんのあつめたココルームかるたの数々をします

1月2日(日)11:00〜
1月3日(月)13:00〜
場所:三角公園舞台

越冬かきぞめコーナー

お正月といえばかきぞめです。今年のほうふをかきませう

1月3日(月)16:05 西成「ふるさとの家」
(大阪府大阪市西成区萩之茶屋3丁目1-10)に各自集合。参加費無料。

映画館に行って映画を観る会

映画って、ひとりでしっとり観るのもいいけど、たまには誰かと一緒に観にいくのもいいものだ。映画を観たあと、みんなと語り合うのもけっこう楽しいし、誰かと一緒に映画の感動にひたるのも悪くない。街の映画館に足を運び、一緒に映画を鑑賞してみませんか。

今回観る映画は、『一幕一場・沖縄人類館』(ディレクター森口豁/1978年テレビ作品/25分/カラー)

1903年に大阪内国勧業博覧会で二人の「沖縄人」が見世物として陳列された人類館事件。この作品は、沖縄の劇団「創造」が演じる「人類館」を素材としています。 上映終了後、金城馨氏(関西沖縄文庫)のお話しもあります。

この映像は、2010年 第41回釜ヶ崎越冬闘争 ドキュメンタリー上映会「釜ヶ崎から―沖縄・朝鮮・在日―を考える!」の一環として上映されるものです。全体のプログラムについては、http://www.kama-media.org/japanese/blog/2010/12/201041.htmlをご覧ください。

カマン! メディアセンター1月7日(金)18:30〜
料金:500円  申込み不要

パソコン講座

電源ぽちっとから初心者のためのパソコン講座

カマン! メディアセンター1月11日(火)16:00〜18:00頃 参加費500円(菓子・お茶つき)。カンパ歓迎。※しんどいかたは無料でけっこうです。
@カマン!メディアセンター

カフェ放送テレレ

カフェ放送テレレとは・・・

マスメディアにはないもっと身近な情報を発信しようと市民から集めた作品をカフェなどで定期上映しています。個々が抱えている悩みや葛藤や喜びを映像で表現し交流し共有します。

特に「顔が見える」上映後のトークは大きな力になります。それは確実に社会を変え、生活の質を向上させます。そんな場が「カフェ放送てれれ」です。http://www.terere.jp/cafe.htm

カマン! メディアセンター1月12日(水)時間未定
※交通費、入場料は実費です

おんなのこの日

おんなのこで、映画「玄牝(げんぴん)」を七芸に見に行こう!
http://www.nanagei.com/movie/data/435.html

カマン! メディアセンター1月14日(金)15:00〜

釜ヶ崎句会!

1月の俳句みんなでつくってみよう!

カマン! メディアセンター1月15日(土)15:00〜17:00
場所:カマン!メディアセンター    参加費:無料

えんがわおしゃべり相談会
〜こどももおとなもおじさんもね〜
山下裕子 ほか子ども情報センターのみなさん

専門性をもった人と日常のなかで出会い、お話を聞いたり、お話しをしたりすことのできるような場を設けられないかということで、8つの専門分野の方とおこなうゆるやかなおしゃべり相談会。現在悩みや課題を抱えている方、ご家族、支援者、その分野についてこれから学びたいと思っている方、なんとなく話を聞きたい、参加したい方など、まずはおしゃべりし、つながる場をもってみることから出発です。気軽に足を運んでみてください。

※当日の参加も可能ですが、定員に達した場合申し込みを優先させていただきます

講師:山下 裕子(やました ゆうこ)こども・こそだて支援、(社)子ども情報研究センター

子ども情報研究センター事務局の常勤スタッフで、主に相談事業を担当。子ども専用電話「チャイルドラインOSAKA」、子どもの人権相談「子ども家庭相談室」、大阪府教育委員会委託事業「24時間電話」など。子ども情報研究センターは、子どももおとなも、一人ひとりが大切にされる社会を子どもと一緒につくっていきたいと考えて活動している非営利の団体で、機関誌『はらっぱ』の発行、相談・居場所事業、研修事業など、子どももおとなも、もてる力を最大限発揮できるような、さまざまな事業を実施している。

助成:独立行政法人福祉医療機構
企画運営:ココルーム

1月15日(土)〜1月23日(日)
@ココルーム

小正月特別企画 大書き初め展

釜ヶ崎・三角公園(越冬まつり)でおこなった書き初めの展示をおこないます。1月2日、3日に三角公園に来ることができなかった方も、ぜひココルームにおいでください。

カマン! メディアセンター1月16日(日)15:00〜

釜ヶ崎お正月短歌会!

お正月のおもひでを短歌にしたためましょう〜

カマン! メディアセンター1月18日(火)18:30〜
@カマン!メディアセンター 料金:500円 申込み不要

パソコン講座

電源ぽちっとから初心者のためのパソコン講座

カマン! メディアセンター1月19日(水) 14:00〜15:00頃
無料

健康おしゃべりそうだん会

訪問医療をしている看護師さんがカマン!にやってきてくれます。
ちょっとした体のお悩み、不調などなど、ほうっておかずに気軽にお話しにきてみませんか。

1月21日(金)

16:00〜19:00終了予定
ココルーム集合 ※定員10名 要予約

現代芸術創造支援事業 OCA!大阪コミュニティアート
こども向けワークショップの現場で学ぶ

西成区のこどもの施設2カ所でアートワークショップを実施。その現場に参加することによって専門的な知識を持つアーティスト講師のファシリテートを学びます。2年目の今季からは、ワークショップの一部プログラムを実践していくことを目指します。ワークショップ終了後は講師とともにふりかえりを行います。

講師:岩橋由莉(表現教育)

子どもの施設:山王こどもセンター

スケジュール:16:00 ココルーム集合 事前ミーティング
       16:30 山王こどもセンターへ移動
       18:00 ココルームへ戻り 事後ミーティング

当企画は予定通り行います。電話でお問い合わせ頂いた方に、間違った情報をお伝えしたことを深くお詫び申し上げます。

19:00〜21:00終了予定 ※参加費無料 定員:15 名
場所:カマン!メディアセンター

えんがわおしゃべり相談会 講師 : 椎名保友
~支援者って・・地域福 祉・障害者支援の現場から~

専門性をもった人と日常のなかで出会い、お話を聞いたり、お話しをしたりすことのできるような場を設けられないかということで、8つの専門分野の方とのゆるやかなおしゃべり相談会とつながりをつむぐ勉強会を年間通して20回行います。現在悩みや課題を抱えている方、ご家族、支援者、その分野についてこれから学びたいと思っている方、なんとなく話を聞きたい、参加したい方など、まずはおしゃべりし、つながる場をもってみることから出発です。気軽に足を運んでみてください。

※当日の参加も可能ですが、定員に達した場合申し込みを優先させていただきます

障害者支援:椎名 保友(しいな やすとも)

1975 年東京生まれ。
1999 年大阪芸術大学芸術計画学科卒。大学卒業後、新劇の老舗劇団に就職。その傍ら「パー ティ・パーティ」にて、障がい者介助のアルバイト。
2001 年 より「パーティ・パーティ」の母体である特定非営利活動法 人 日常生活支援ネットワークに転職。
2008 年より、大阪 府下で地域の障がい者に携わる支援者の募集・人材育成 のための連携事業「福祉・介助者ポジティブネットワーク」 を立ち上げ。地域福祉業界の周知と盛り上げ。所属団体や活 動地域、分野を越えて、互いに育てあう場つくりに取り組ん でいる。

1月25日(火)15:00〜
おこころざしや寄付を受け付けています。

山王ミニよまわり
野宿のかたに、おむすびやカイロをくばります。

15:00〜すこしづつ準備
17:00〜おむすびをつくる
19:00〜みんなでごはん(カンパ制)
19:45〜夜回り開始
20:30ころ終了

お米、梅干し、サランラップ、飴、、海苔、カイロなど、寄付も受け付けています。

1月26日(水)

18:30〜20:30
カマン! メディアセンター釜ヶ崎の思想を囲むつどい

コーディネーター:原口剛
テキスト:寺島珠雄『釜ヶ崎??旅の宿りの長いまち』プレイガイドジャーナル社、1978年所収

*この「集い」は月一回のペースで開催している連続企画ですが、シリーズの途中で参加していただいても、一回だけののぞき見でもまったく構いません。お気軽にご参加ください。

19:00
会場:應典院 本堂ホール 参加料:1000円
上田假奈代の詩の学校(コモンズ スペシャル)

ことばを人生の味方にしよう

参加料:1000円 筆記用具、ノートか紙を持参のこと
大阪市天王寺区下寺町1-1-27 1回だけの参加もOK

案内のメール登録受付中です!

二月以降については、ふたたび自主運営となります

1月27日(木)14:30 ココルーム集合 18:30終了予定
※定員10名  要予約

現代芸術創造支援事業 OCA!大阪コミュニティアート
こども向けワークショップの現場で学ぶ

西成区のこどもの施設2カ所でアートワークショップを実施。その現場に参加することによって専門的な知識を持つアーティスト講師のファシリテートを学びます。2年目の今季からは、ワークショップの一部プログラムを実践していくことを目指します。ワークショップ終了後は講師とともにふりかえりを行います。

講師:北村成美(ダンサー)

子どもの施設:こどもの里

スケジュール:15:30 ココルーム集合 事前ミーティング
       16:30 こどもの里へ移動
       17:30 ココルームへ戻り 事後ミーティング

13:00〜15:00
カマン! メディアセンターモモの会

ミヒャエルエンデのモモを劇作家の岸井さんとみんなで読みます。

1月28日(金) 19:00〜
@ココルーム 参加費300円(お茶・お菓子つき)

「うさぎ!」を読む会

小沢健二の「うさぎ!」をみんなで読みます。

1月29日(土)11:30〜
会場:西成プラザ他

現代芸術創造支援事業 OCA!大阪コミュニティアートOCA!シンポジウム2011

特に、アーティストに期待しているのではなく、あなた、なのだ。
このまちで生きる。そのとき、大事なのは時間と関係性ときっかけなのだ。アートはそれらを持ちうる。
「地域でアート」がことばだけにならないために。
風の人、地の人。地域とアートのすてきな関係のために。
まだ登っている。まだ問いつづけている。

詳細は特設ページをご覧ください

カマン! メディアセンター1月31日(月)17:00〜19:00

カマン!TVを見る会

アサダワタルさんDJのもと、カマン!TVをほくほくとみんなで見ます

2月

2月5日 土曜日 16:00~ 立ち見、飛び入り、投げ銭大大大歓迎!
参加費:無料(ただし、1000円以上のカンパを推奨します!)

キム・ミレ監督 来釜記念!
『ノガダ』『外泊:Weabak』動物園前商店街上映

〜「外泊」をみてみんなで井戸端コミュニケーション〜
http://bit.ly/gIjaAM

主催:KDMLフィルム・ソサイエティ
連絡先:080-3417-9354(木村)E-mail:veinmx@gmail.com

協力:NPO法人・こえとことばとこころの部屋・カマン!メディアセンター

2月7日(月曜日)

寺川さんの日

カマメにココルームカフェでおなじみ寺川さんがいる日です!
寺川さんが、なにやら自分のすきなことをやっている日になるそう
あそびに来たい方は気軽にどうぞ〜

2月8日(火)18:30〜20:00
参加:費無料、申込:不要 本をお持ちの方はぜひもってきてください

きがるに声に出してよむ、修復的正義の実践ガイド

2月17日にあるワークショップ「輪になって、語り合って、帽子を作ろう! 修復的司法とアートの実験」のまえに、修復的司法について、みんなできがるまなんでみよう!パソコン講座でおなじみのくまもとさんがもってきてくれた本、『責任と癒し修復的正義の実践ガイド』http://www.honzuki.jp/book/book/no559/index.htmlを声に出してよんで、むずかしそうなこのことばをやさしくまなんでみんなで考えてみませんか

2月9日(水)14:00〜18:00
15分 500円 

たまにはからだをいたわろう!マッサージの日

マッサージ師が出張してきます!

2月10日(木)10:00 集合:ココルーム
銭湯代実費

みんなで朝風呂に行こう!

今池湯は女湯がなく、男湯ふたつだったり
釜ヶ崎銭湯天国、今日はどこへ行きましょう

2月12日(土)18:00 @カマン!メディアセンター
500円

くまもと先生のパソコン講座 初級  

2月14日(月曜日)

寺川さんの日

カマメにココルームカフェでおなじみ寺川さんがいる日です!
寺川さんが、なにやら自分のすきなことをやっている日になるそう
あそびに来たい方は気軽にどうぞ〜

2月15日(火)14:00〜18:30くらい 

タイ料理と鯛飯の噂も
タイ報告会

3/18〜バンコクで開催された第5回アジアアートマネジメント会議のだらだら報告会

バンコクのスラムの話、王女さまの展覧会、チェンマイで取り組む若者たちの活動などなど
コミュニティで真剣に活動するのは、国はちがえど、すっごく感じ入りました。タイ料理と鯛飯の噂も

協力:アートNPOリンク

2月16日(水)19:30
会場:應典院 参加料:1000円

上田假奈代の詩の学校 ただいま自主運営中です

ことばを人生の味方にしよう

参加料:1000円 筆記用具、ノートか紙を持参のこと
大阪市天王寺区下寺町1-1-27 1回だけの参加もOK

案内のメール登録受付中です!

カマン! メディアセンター2月17日(木)16:00〜19:00 カマン!メディアセンター
参加費:無料〈ただし、茶菓子代のカンパ歓迎!〉事前申込で定員:10名

輪になって、語り合って、帽子を作ろう!
修復的司法とアートの実験」

講師:シンシア・ラパス(修復的アート・コンサルタント 米国ミネアポリス在住)通訳:逐次通訳つき
■. お申し込み方法:お申込メールにて事前申込

cmccl_office@tsuda.ac.jp宛に
件名を「2/17カマン!帽子ワークショップ」とし、お名前、肩書き、連絡先(メールアドレスと電話番号)、帽子ワークショップ参加希望と書いて送ってください。

■. 共催:津田塾大学ソーシャル・メディア・センター カマン!メディアセンター NPO法人ココルーム

■. 内容:「修復的司法」*という考え方を聞いたことがありますか?世界各地では、犯罪や問題行動に対するもう一つのアプローチとして、また、コミュニティのつながりを育む方法として、この「修復的司法」に注目が集まっています。

■. 講師のシンシア・ラパスさんは、その修復的司法の一つの手法である「サークルプロセス」**を、アートに取入れたユニークな活動を行っています。彼女は子どもの頃にLD (学習障害)の診断を受けて以来、問題児というレッテルをはられ、社会からの無理解や差別に苦しめられてきましたが、アートとサークルに出会い、自尊心や人とのつながりを取り戻すことができたといいます。その自らの体験を生かして、今では米国ミネソタ州の少年院から教育現場や企業まで、実に様々な現場で、修復的アートの実践を行っています。

このワークショップでは、まず、ラパスさんの体験や実践について映像などを交えながら紹介。その後、参加者全員が輪になって、それぞれの体験を共有しあい、思い思いの帽子を作ります。最後はそれぞれの作品(帽子)をかぶっての撮影大会。修復的司法とアートの組み合わせは、参加者に、社会に、何をもたらすのでしょうか? あなたもこの実験に参加してみませんか?

■. 進行(予定)

16:00~16:20 オープニング:サークルとイントロ

16:20〜16:50 修復的司法とアートの融合について(映像、パワーポイントなど)

16:50〜17:00 休憩

17:00〜18:10 サークル・プロセスで帽子づくり

18:10〜18:20  休憩

18:20〜19:00 おわりに :帽子をかぶって撮影大会 & 意見交換

講演者シンシア・ラパス Cynthia Rapacz:プロフィール

米国ミネアポリスを拠点とするアーティストであり、修復的司法*のコンサルタントでもあるシンシア・ラパスは、ミネソタ州セントポール市にあるハムリン大学で人文学修士号を取得。1999年にサークル・プロセス**をアートに取り入れ始め、少年院などでワークショップを開催してきた。粘土、ガラス、木材、水彩、油絵等を用いて、多様な文化や新旧のイメージを融合した先駆的な修復的アートに取組み続けている。ミネソタ州教育省修復的司法課のスピーカー、およびツインシティー現代美術館(TCMOCA)の理事も務める。今回津田塾大学ソーシャル・メディア・センターのゲストとして来日し、東京、大阪で、多様な背景を持つ人々を対象としたワークショップやセミナーを行う予定。

*修復的司法/対応(restorative justice/measures )

修復的司法/対応とは、犯罪行為/問題行動によって引き起こされた損害を修復することに焦点をあてる法理論の一つ。サークル・プロセスは、この修復的司法において使われる一つの手法。修復を目指す実践およびプログラムは、次のように犯罪/問題に対応する。

  • 1.損害を修復する必要性を認め、実際に修復を試みる。
    2.問題に関与する人々全ての参加を促す。(ただし、ケースバイケースで、状況や参加者の希望などによって、メンバーは異なる)
    3.犯罪への対応に関して、政府とコミュニティの従来の関係を変容させる。
  • **サークル・プロセス(Cirlcle Process)

  • サークル・プロセス(円座で語り合う手法)は、米国の少年司法制度や教育現場において今日頻繁に用いられている。あらゆる行為には理由があるという考えに基づき、被害者、損害を与えた側、影響を受けた人々の全てが、自らのストーリーを語ることによって相互理解を促し、問題の解決を当事者自らが探る方法。先住民族が古くから使ってきた手法でもある。

2月18日(金)

14時から18時(途中で早期終了あり)
大河原さんのユーストリームでもんもんの日

カマメからユーストリームで映像発信します。
でも特になんにもしません。カメラの前でボケーっとします、たぶん。
時々イベントの告知とかやるかも。告知したいことがある方お知らせください。

19:00〜 参加費300円(お茶・お菓子つき)
@ココルーム
「うさぎ!」を読む会

小沢健二の「うさぎ!」をみんなで読みます。

2月19日(土)スタート:19時 投げ銭
@ココルーム

シィプアップボーイズ/ジャズライブ

アコギとピアノと歌で演奏する2人組バンドです。
元々アメリカの音楽であるブギウギが好きで、演奏も作る曲たくさん影響を受けていましたが、最近は日本人にとってステキな曲とは?とオリジナリティーを追及しています。
全曲オリジナルでがんばります。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

2月21日(月曜日)

14:00〜
石川さんGOEAST 報告会 (予定)

明治学院大学学生スタディツアーGOWESTの報告会に参加すべく、大阪から東京まで2月11日〜15日まで旅をした石川さんのGOEASTの旅 報告会
ゲスト:猪瀬浩平(明治学院大学教養教育センター 準教授)

寺川さんの日

カマメにココルームカフェでおなじみ寺川さんがいる日です!
寺川さんが、なにやら自分のすきなことをやっている日になるそう
あそびに来たい方は気軽にどうぞ〜

2月23日(水)14:00〜18:00
15分500円です

マッサージの日

たまにはからだをいたわろう
マッサージ師のかずみさんが施術します。女性大歓迎

2月24日(木) 16:00〜

山王ミニよまわり

16:00〜おむすびなどすこしづつ準備
19:30〜みんなでごはん(カンパ制)
20:00〜ミーティングのあと夜回り開始
21:15ごろ終了

野宿のかたに、おむすびやカイロをくばります。
お米、梅干し、サランラップ、飴、海苔、カイロなど、寄付も受け付けています。

2月25日(金)16:00 ココルーム集合 19:00終了予定
※定員10名  要予約

現代芸術創造支援事業 OCA!大阪コミュニティアート
こども向けワークショップの現場で学ぶ

西成区のこどもの施設2カ所でアートワークショップを実施。その現場に参加することによって専門的な知識を持つアーティスト講師のファシリテートを学びます。2年目の今季からは、ワークショップの一部プログラムを実践していくことを目指します。ワークショップ終了後は講師とともにふりかえりを行います。

講師:岩橋由莉(表現教育)

子どもの施設:山王こどもセンター

スケジュール:16:00 ココルーム集合 事前ミーティング
       16:30 山王こどもセンターへ移動
       18:00 ココルームへ戻り 事後ミーティング

2月26日(土)13:00〜
参加費:無料 申し込み不要 先着60名 西成プラザ

独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業 
えんがわ日和のえんがわフォーラム

「ひとりで悩むより、えんがわのような場で、誰かと話してみましょう。」
そんなことばから、年間20回の相談会、勉強会を大阪西成区にある、カマン!メディアセンターで行ってきました。悩みの当事者、支援者、家族、ともだち、ふらっと訪れた人、その分野を勉強している人、興味がある人、そうでもない人、ほんとうにさまざまな人がえんがわのような場で、8名の専門家のもと、たがいの声に耳をかたむけ、自分の声で語り合いました。この取り組みの総括として、フォーラムを開きます。えんがわに、ふっと腰をかけた気分で、気軽にご参加ください。

2月28日(月) 17:00〜

カマン!TVフューチャリング寺川

寺川さんの日にカマン!TVがやってくるというとこで、コラボ企画となりました
アサダワタルさんと寺川さんの雑談からはじまるたのしい時間
街頭テレビカマンくんの前に集合です!

3月8日(火)〜3月21日(月)入場料無料
@ココルーム

『カブールの幽霊・物語 in 釜ヶ崎』展示内容 パネル画約30点

NPO法人 Like Water Pressの協力を得、アフガンの子どもたちが描いた『カブールの幽霊・物語 in 釜ヶ崎』を開催いたします。今年の2月から京都と大阪で開催されてきましたが、今回の展示ツアーの最終地点がココルームとなりました。

NPO法人 Like Water Pressが現地のキャラバンで集めたアフガンの子どもたちの絵は500点以上にのぼりますが、それら一枚一枚の絵には込められた物語(声や言葉)があります。そのうちの約30点がココルームのカフェに展示されます。「釜ヶ崎」は現代日本の不条理や歪みが集約されている場所でもあります。その街に集う人々が、アフガンの子どもたちの絵と言葉をとおして、悲しみや喜び、絶望や希望、涙や笑いを共有され、未来を紡ぐ子どもたちの無限の可能性と普遍の力を実感して頂ければ幸いです。

アフガニスタンの首都カブールで生きる子どもたちの心のあり様についての調査報告では、「最も怖いと思うこと」「最も嫌だと思うこと」の一番が幽霊でした。

……その子どもたちの幽霊とは、どんな姿かたちをしているのだろう?
そこで、カブールで出会った子どもたちに幽霊の絵を描いてもらいました。一枚一枚の幽霊の絵には、子どもたちそれぞれの思いや物語があります。物語を通して気づかされるのは、これら幽霊の絵は実は子どもたち一人一人の内に息づく、言葉にならない声、祈りや叫びにほかならないということです。アフガンの子どもたちによって描かれた、これら幽霊の絵がただ「見る」だけのものではなく、物語に「耳を澄ます」ものであることを実感していただく展覧会です。「カブールの幽霊・物語展」を通して、アフガンの子どもたちの声が皆様に届きますように。どうぞ、お気軽にお越し下さい。皆様の御来場をお待ちしております。

共催:NPO法人 Like Water Press
その他:活動支援金の収益に充てるため下記関連グッズも販売します。

絵本1巻1,200円(全3巻3000円)
カンバッチ1個200円(3個500円)
*募金箱も設置します。

3月9日水曜日
15分 500円

マッサージ ももんが堂

ももんが・かずみによるゆるゆるマッサージ
39(サンキュー)の日 ひみつのおみやげつきですよ。

3月16日(水)

14:00〜15:00 無料 @カマン前
健康相談会

訪問看護ステーションつるみばしから看護士さんが血圧をはかってくれま

19:30〜 参加料:1000円 会場:應典院 
上田假奈代の詩の学校 ただいま自主運営中です

ことばを人生の味方にしよう

参加料:1000円 筆記用具、ノートか紙を持参のこと
大阪市天王寺区下寺町1-1-27 1回だけの参加もOK

案内のメール登録受付中です!

アート&アクセス第三回シンポジウム・公演
アートと社会包摂 会場は大阪市立大学 田中記念館大ホール

チラシのPDFはこちらをご覧ください

3月19日(土)13:30開場 14:00開演

公演《ガムラン・クリスタル:映しあう声と響きあう光》

出演:マルガサリ(ガムラン)、SHINGO★西成(ラップ)

排除と包摂、内と外といった排他的な関係を無化し、アートを通した「包摂」をパフォーマンスにおいて表現。障害のある人や、実験的なアーティストとのコラボレーションによって越境を繰り返してきたマルガサリと、西成をベースに釜ヶ崎の日常を語り、歌い込む人気ラッパー、SHINGO★西成との初めての共演。

3月20日(日)12:30開場 13:00公演開演 15:30シンポジウム開演
参加費:無料・参加申し込み不要

公演《ボローニャの仮面劇:広場から、広場へ》

1.「SPROLOQUI E I VIAGGI DEL DOTT. BALANZONE(バランツォーネ博士の長講釈と旅)」(フラテルナル劇団)

脚本・演出:マッシモ・マッキャヴェッリ
出演:フラテルナル劇団、釜ヶ崎の人々
舞台監督:村川拓也
照明:滝本二郎、後藤綾平、坂本幸子 
音響:勝藤珠子

2000年にボローニャのホームレス支援団体から生まれたフラテルナル劇団は、身をもって社会包摂を実現するとともに、イタリアの16世紀から18世紀にかけて流行した即興仮面劇「コンメディア・デッラルテ」の伝統を受け継いでいる。オリジナルの作品とともに釜ヶ崎の人々とのワークショップの成果を上演する。

2.シンポジウム《社会に浸透するアート》

出演:佐々木雅幸(司会)、大谷燠、マッシモ・マッキャヴェッリ、上田假奈代

グローバル化が沸騰した現代は、貧困や格差といった社会的問題に満ちている。アートはいかにそれらに寄り添い、解決をはかろうとしているのか。アートの社会的意義について真正面から議論を挑む。

会場:大阪市立大学 田中記念館大ホール

主催:大阪市立大学都市研究プラザ
共催:NPO法人ココルーム
講演:在大阪インドネシア共和国領事館

3月23日(水)14時〜18時

ゆるゆるマッサージ ももんが堂
15分 500円

ももんが・かずみが施術します

3月25日(金)20:00〜 お茶お菓子付き300円
@ココルーム

オザワケンジの「うさぎ!」を読む会
みんなで、日頃おもっていることをおしゃべりしましょう

3月26日(土)15:00〜

釜ヶ崎句会!

3月の俳句をみんなでつくってみよう!

3月28日(月) 17:00〜

カマン!TVフューチャリング寺川

寺川さんの日にカマン!TVがやってくるというとこで、コラボ企画となりました
アサダワタルさんと寺川さんの雑談からはじまるたのしい時間
街頭テレビカマンくんの前に集合です!4月1日(金)13:00〜
モモをよむ会

3月29日(火) 16:00〜

山王ミニよまわり

16:00〜おむすびなどすこしづつ準備
19:20〜みんなでごはん(カンパ制)
20:50〜ミーティングのあと夜回り開始
21:10ごろ終了

野宿のかたに、おむすびやカイロをくばります。
お米、梅干し、サランラップ、飴、海苔、カイロなど、寄付も受け付けています。

3月30日(水)13:00〜15:00
場所:ココルームorカマン!メディアセンター

猪瀬せんせいと震災のこと、これからのことについてとりとめもなくはなしてみる会 

12:00ごろからみんなでごはんもしますよろしければどうぞ ランチのみものつき700円、ごはんのみ500円

埼玉の見沼田んぼからやってくる、
GOWESTでおなじみ明治学院大学猪瀬せんせい。
こちらから関東の状況がなかなか見えてこないのと同じく
関東から関西の状況もみえない、、、
なにかの解決策をうみだすというよりもまず、身の回りの
出来事を、顔の見える範囲で交わしていくことが大事なの
かもしれません
ということでこんな会をもってみます

4月1日(金)13:00〜16:00

モモの会

ミヒャエルエンデのモモを劇作家の岸井さんとみんなで読みます。

4月3日(日)

13:00〜場所:カマン!メディアセンター
ゆるせつの会

ゆるやかに、せつじつに、カマメの活用について、ココルームの今後について、最近あったあんなことやこんなことについて、、、など話し合います

明日の釜っぷを持って歩く会について、
15時からの予定でしたが、16時からに変更することになりました。

お昼前から、應典院で、「東日本大震災祈りの市民集会」が行われ、
こちらに行きたい人も多いんじゃないかということで、変更することになりました。
HP:http://bit.ly/hrspql
以下のようなスケジュールのようです。
11時半頃〜 ことばを紡ぐワークショップ
12時半頃〜 被災地支援をめぐるディスカッション(ゲスト:川浪剛)
14時頃〜  手紙と詩の朗読(ゲスト:上田假奈代)
14時半頃〜 献灯・献花
15時半頃〜 アートステージ(音楽、舞踏など)
18時半頃  被災地(被災前後)の写真のスライドショーとトーク

15:00〜17:00無料
釜っぷ KAMAP をつくる会

東北の大きな地震をうけ、余震や原発が不安な方など、この釜ヶ崎にも、多くの人がいらっしゃっています。一時的にでもこの街に滞在する時に、あったらいいものは何だろう、とみんなで考える中で、それぞれのおすすめポイントがわかる地図を作りたいという案が出ました。地図にはないこの「釜ヶ崎」という街の魅力を、みんなで書き込んでゆく会です。釜ヶ崎を知り尽くした方も、この街に出会ったばかりの方も、ぜひどうぞ。

4月5日(火)15:00〜16:30

AAFキックオフ報告会

2011年アサヒ―とフェスティバルhttp://www.asahi-artfes.net/に参加することになったココルーム。
アサヒ・アートフェスティバルが開催される前に、キックオフイベントが、3月5、6日と東京墨田区アサヒアートスクエアで行われました。

そこに参加してきた、スタッフ寺川と原田(できれば)の報告です。

4月6日(水) 15:00〜18:00
場所:カマン!メディアセンター

ももんが堂  マッサージ

からだのこえにみみをすまそう
15分 500円

4月9日(土) スタート:19:00
チャージ:投げ銭

シェイプUPボーイズ/アコースティックライブ

生ギターとピアノと歌で演奏する2人組バンドです。元々はブギウギというジャンルの音楽が好きで、演奏も作る曲たくさん影響を受けてきましたが、最近では日本人にとってステキな曲とオリジナリティーを追及しています。

全曲オリジナルでがんばります。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

4月10日(日)16:00〜17:00 無料 (ですが、カンパ歓迎)
※15時からの予定でしたが、16時からに変更することになりました。

釜っぷをもってみんなで歩く会

4月3日の釜ヶ崎マップをつくる会でつくったマップをもって
みんなであるきます 手ぶらでお越しください

お昼前から、應典院で、「東日本大震災祈りの市民集会」が行われ、こちらに行きたい人も多いんじゃないかということで、開始時間を変更することになりました。HP:http://bit.ly/hrspql

スケジュールは以下の通りです

11時半頃〜 ことばを紡ぐワークショップ
12時半頃〜 被災地支援をめぐるディスカッション(ゲスト:川浪剛)
14時頃〜  手紙と詩の朗読(ゲスト:上田假奈代)
14時半頃〜 献灯・献花
15時半頃〜 アートステージ(音楽、舞踏など)
18時半頃  被災地(被災前後)の写真のスライドショーとトーク

4月13日(水)18:00〜19:30 料金:500円
Inカマン!メディアセンター

ぱそこん講座

電源ぽちっとから教わることのできる、初心者のためのぱそこん講座。みんなでおしゃべりしながら仲良くやっていきましょう。

4月14日(木)14時:ココルーム集合 15時前:現地解散
参加費無料

「猫供養と花見の会」

西成区山王界隈はかつて芸人の街「てんのじ村」として知られました。近くにある松ノ木大明神の境内には猫塚があり、三味線づくりのために屠られた猫の霊を供養し、また芸ごとの成就を祈願するために多くの芸人の信仰をあつめてきました。

各人が「芸」(アート=表現する技術)を高める祈願のために桜をめでながら、猫供養をとりおこないたいと思います。いっしょに小さな声で「ねこのうた」をを歌うかもしれません。

注意:猫塚は住宅街のなかにあるため、静かにおこないます。また飲食はありませんのでご注意ください。

4月15日(金)18:00〜20:00
(ごはんをたべつつゆるゆると ごはん:500円)

寿町お泊りフォーラム おしゃべりほうこくかい

3月11、12日と開催された寿第1回お泊りフォーラムの報告をスタッフ原田麻以がします。http://forum.creativeaction.jp/?page_id=2

4月17日(日)

13:00〜15:00
ゆるせつの会

ゆるゆるだけど切実。カマン!メディアセンターのことを考える時間。

15:00〜
釜ヶ崎句会

今月の句題:野遊び、囀り(さえずり)、菜の花

4月20日(水)

14:00〜15:00 @カマン!メディアセンター 無料
健康おしゃべり相談会

看護師梅田さんとおしゃべりしながら健康相談

15:30〜 @カマン!メディアセンター
日常きもの指南 きつけ教室 限定 三名(要予約)

今回は名古屋帯を練習するよ

4月22日(金) 19:00〜
@ココルーム 参加費300円(お茶・お菓子つき)

「うさぎ!」を読む会

小沢健二の「うさぎ!」をみんなで読みます。

日時:4月23日(土)17:00〜
カマンメディアセンター(大阪市西成区太子1-11-6)

ゆるせつの会

ゆるゆるだけど切実。
カマンメディアセンターのことを考える時間。

4月24日(日)13:00〜18:00ころ 投げ銭
@ココルームカフェ

東日本大震災の義援金をつのり、東北へおくるライブ
出演:ひみつキング ほか

ライブは完全アンプラグド(節電のため)
ライブチャージの代わりに投げ銭という形で募金してもらう。全額寄付
バンドのCDとDVDの売上 すべて募金
寄付先は東北魂

4月25日(月)17:00〜19:00

カマン!TVフューチャリング 工作の日
アサダさんのカマン!TVの日

みんなでカマン!くんでテレビ(youtube)をみよう

4月26 日(火)15:00〜16:30
参加費:無料

あたまのまわりのものをつくる会

イタリア仮面劇を経験し、仮面づくりをしたい!と言うおじさんとアメリカ帽子づくりワークショップでもりあがったみんなで仮面や帽子などなど、あたまのまわりのものを勝手につくります

※つくりたいものがある人は道具・材料持参でおねがいします
布のはぎれや紙などなどあるので、手ぶらでも大丈夫です

4月27日(水) よまわり開始20:10 終了21:00

山王ミニよまわり

16:00〜おむすびなどすこしづつ準備
19:20〜みんなでごはん(カンパ制)
20:10〜ミーティングのあとよまわり開始
21:00ごろ終了

※野宿のかたに、おむすびやカイロをくばります。

お米、梅干し、サランラップ、飴、海苔、カイロなど
、寄付も受け付けています。

4月29日(金/祝)14:00〜16:30 料金:無料
カマン!メディアセンター集合

歩いて釜っぷをつくる会

一時間街歩きをしてみつけたおすすめポイントを、後の一時間でマップにします。

東北の大きな地震をうけ、余震や原発が不安な方など、この釜ヶ崎にも、多くの人がいらっしゃっています。一時的にでもこの街に滞在する時に、あったらいいものは何だろう、とみんなで考える中で、それぞれのおすすめポイントがわかる地図を作りたいという案が出ました。地図にはないこの「釜ヶ崎」という街の魅力を発見してゆく会です。

GW・釜ヶ崎街歩きしてみませんか

ココルームでは、釜ヶ崎の街歩きのガイドをさせていただいています。

所要時間:おおよそ1時間〜1時間30分
ガイド料金:1000円(大学生・500円、高校生以下・子ども・しんどい方は無料)

労働者の街、芸能の街、大正モダニズム建築物が残る街、昭和の香り漂うアーケードのある街、社会福祉の街、日常生活に根づいた「表現」が身近に感じられる街・・・。さまざまな顔をもつ釜ヶ崎の街をゆっくり歩いてみませんか。GWの期間、気分転換をかねて東日本から大阪にいらした方も是非どうぞ。

申込方法:電話、Eメールでお申し込みいただくほか、ココルームで直接申し込みください。

4月30日(土)15:00〜
カマンメディアセンター(大阪市西成区太子1-11-6)

ゆるせつの会

ゆるゆるだけど切実。
カマンメディアセンターのことを考える時間。

日時:5月1日(日)18:00〜19:30
場所:カマンメディアセンター 料金:500円

ぱそこん講座

電源ぽちっとから教わることのできる、初心者のためのぱそこん講座。みんなでおしゃべりしながら仲良くやっていきましょう。

毎週月曜日 10:00〜18:00 参加費:無料
inカマン!メディアセンター

カマメで工作〜オッタマゲーション!〜

こどももおとなもおじいさんも、おばあさんも、ひまなじかんをひまつぶし!
手ぶらでOK、差し入れOK、レッツカモン!

5月7日(土)
コラージュやってみよう!
日時:5月7日(土)15:00〜16:30
参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター
大阪市西成区太子1-11-6

先日ココルームを尋ねられた写真評論家でありコラージュ作家でもある飯沢耕太郎さん。
そのコラージュ作品に触発され、みんなでコラージュ作品を勝手気ままにつくります。
お気に入りの写真のコピーや、いらなくなったチラシやごみなども使えますのでもってきてみてください。

5月8日(日))14:00〜16:30 料金:無料
場所:カマン!メディアセンター集合

歩いて釜っぷをつくる会

一時間街歩きをしてみつけたおすすめポイントを、後の一時間でマップにします。
東北の大きな地震をうけ、余震や原発が不安な方など、この釜ヶ崎にも、多くの人がいらっしゃっています。
一時的にでもこの街に滞在する時に、あったらいいものは何だろう、とみんなで考える中で、それぞれのおすすめポイントがわかる地図を作りたいという案が出ました。
地図にはないこの「釜ヶ崎」という街の魅力を発見してゆく会です。

5月10日(火)16:00〜18:00 参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

カフェ放送てれれ

てれれの映像をみてみんなでおしゃべりします
http://terere.jugem.jp/

5月12日(木)15:00〜16:00 参加費:無料
場所:カマン!メディアセンター

釜ヶ崎句会みんなで集まって楽しく俳句づくり!

正式な句会のやりかたにのっとり、投句、選句、披講とすすめ、最後には暢春先生(俳人・能面師)による選評があります。
つくった俳句は、滋賀県近江八幡市の俳句結社・冰志会(ひょうしかい)の選句の対象にもなります。

5月14日(金)15:00〜
場所:カマン!メディアセンター

ゆるせつの会

ゆるやかだけれど切実。みんなで場づくりや企画運営に参加していくために、ともかく会をひらきます。5月15日(日) 

5月15日(日)参加費:上映会参加費1000円 交通費・ご飯代 は実費になります 上映会場:同志社中学校 宿志館 魁ホール

原発について考える会
vol.1映画から考えるエネルギー 〜ミツバチの羽音と地球の回転から〜

未来のエネルギーをどうするのか?
原発建設が計画されている瀬戸内海の島「祝島」と北欧スウェーデンでエネルギーの自立に取り組む人々の物語「ミツバチの羽音と地球の回転」

この映画の上映会+監督講演を見に行き、そのあとで、祝島反原発運動に関わっている熊本さんをまじえみんなでお昼ごはんをたべながらお話します。

※申し込みの必要がありますので、参加の方は5月10日(火)までにココルームまでご連絡ください。Tel 06-6636-1612
※上映会参加費1000円  交通費・ご飯代 は実費になります

集合場所:動物園前駅 2番出口 8:20 (現地集合の場合10時前に会場前)
【スケジュール】
8:30 動物園前駅 2番出口 集合
10:00〜12:00 上映会
12:00〜13:00 監督講演会 
13:00〜14:00 みんなでごはんを食べながらおはなし

コーディネーター 熊本拓矢さん5月18日(水)

5月18日(水)
場所:カマン!メディアセンター

14:00〜15:00
えんがわ健康相談会
血圧をはかってみましょう。おくちのケアを学びましょう

鶴見橋訪問看護ステーションから看護士さんが、カマメの前で血圧をはかってくれます
渡辺往診歯科から歯科衛生士さんが、お口のちょっとした相談や歯磨きの講習をしてくれます

18:00〜19:30 料金:500円
ぱそこん講座

電源ぽちっとからはじめるパソコン講座5月23日(月)

5月22日(日)17:00〜19:30 料金:無料
カマン!メディアセンター集合

歩いて釜っぷをつくる会

一時間街歩きをしてみつけたおすすめポイントを、後の一時間でマップにします。今回は夕日の見えるスポットを目指す予定です。

東北の大きな地震をうけ、余震や原発が不安な方など、この釜ヶ崎にも、多くの人がいらっしゃっています。一時的にでもこの街に滞在する時に、あったらいいものは何だろう、とみんなで考える中で、それぞれのおすすめポイントがわかる地図を作りたいという案が出ました。

地図にはないこの「釜ヶ崎」という街の魅力を発見してゆく会です。

5月23日(月)参加費:無料
カマン!メディアセンター

カマン!TVフューチャリング 工作の日

アサダさんのカマン!TVを見る会と工作の日がコラボ。
テレビ(youtube)と工作でなにが起こるか、気軽に参加ください。5月25日(水)

5月25日(水) よまわり開始20:00 終了21:00
参加費:無料 ココルーム

山王ミニよまわり

16:00頃〜おむすびなどすこしづつ準備
19:20〜みんなでごはん(カンパ制)、ミィーティング
20:05〜よまわり開始
21:00ごろ終了

※野宿のかたに、声かけをし、おむすびやお茶、季節のトピックをつづった『釜ヶ崎まつりばなし』などをくばります。
お米、梅干し、サランラップ、飴、海苔など、寄付も受け付けています。
お茶をいれるペットボトルも不足気味なので持ってきてくださると助かります!

5月27日(金)7時から ココルーム
参加費:300円(お茶・お菓子つき)もしくはワンドリンクオーダーよろしく。

おざわけんじの「うさぎ!」を読みます。

みんなで思ったことを話しましょう。

日時:5月28日(土)19:00から 投げ銭制
場所:ココルーム

『新世界朗読劇場』

声色師ウォン・ジクスーが満を持して始めた『新世界朗読劇場』の復活です。より即興的に観客を巻き込みながら展開してゆく。その瞬間に生まれた言葉を紡ぎ、不可思議な物語をみんなで創れたらいいなと思っています。ゲストには孤高の詩人 しまなか こうを迎えます。どうぞ、お楽しみに。ファイティン イルブンサラミ

5月29日(日) 15:00〜

ポンポンアクセサリーづくり

5月31日(火) 16:00〜18:00 参加費:無料(カンパ歓迎)
カマン!メディアセンター

原発について考える会
Vol.2  「福島原発で何が起こっているのか」 −その1− −その2− を見て

京都大学原子炉実験所、小出裕章さんへのインタビュー映像を通して、原発について考えます。

「福島原発で何が起こっているのか」 小出裕章(京都大学原子炉実験所) 2011年3月25日 DVD・56分

製作・著作 森の映画社・影山事務所
監督 藤本幸久/インタビュアー 影山あさ子/撮影 栗原良介

「福島原発で何が起こっているのか」−その2−  小出 裕章(京都大学原子炉実験所) 2011年4月14日 DVD・60分

製作・著作 森の映画社・影山事務所
監督 藤本幸久/インタビュアー 影山あさ子/撮影 栗原良介
http://america-banzai.blogspot.com/

小出裕章

専門は放射線計測、原子力安全。原子力の平和利用に夢をいだき、東北大学の原子核工学科に入学するが、在学中に原子力発電に関わる様々な問題点も同時に知ることとなる。その後、伊方原発裁判、人形峠のウラン残土問題、JCO臨界事故などで放射線被害を受ける住民の側に立って活動。原子力の専門家でありながら、そのリスクや問題点についての研究活動に精力的に取り組んできた。3月11日の地震以降、福島原発について昼夜を分かたず奮闘し続けている。
著書:「放射能汚染の現実を超えて」「原子力と共存できるのか」「環境と人間」「人間と放射線」

コーディネーター 飯田和美

6月1日(金)14:00〜 参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター

カマメココルームまつり看板づくり

絵の具やクレヨンなどを使って、6月5日に開催のおまつりのためのいくつかの看板を、みんなでわいわいつくります。

6月2日(木)18:30〜 参加費無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター

釜ヶ崎大学

学びたい人が集まれば、大学になると、私たちは考えます。
昨年度で終了した「釜ヶ崎の思想を囲むつどい」のあとを受け、
いよいよ釜ヶ崎大学が開校します。

第一回は、昨年、ココルームをフィールドとし卒業論文を書いた石川翠さんに発表していただき、
その後みんなでディスカッションします。

発表者:石川 翠(大阪大学大学院)
題目:傾聴のコミュニティ
※釜ヶ崎大学は、毎月一度のペースで開講します。

6月4日 (土) 16:00〜17:30 参加費:無料(カンパ歓迎)
ココルーム

原発について考える会
Vol.3  エネルギーとくらし〜アフリカからエネルギーについて考える〜

闘う人類学者岡本さんは、10年ほどアフリカで研究や活動をし、農業やエネルギーのことについて想いをめぐらせてきた。今だからこそみんなと考えたり、はなしたりしたい、エネルギーのこと、くらしのこと。輪になって考えます。

コーディネーター 岡本マサヒロ(人類学者)

6月5日(日)12:00開会 だいたい20:00閉会 参加費:基本無料 ※コンテンツごとに料金をいただくことがあります ココルーム、カマン!メディアセンター

カマメ・ココルームまつりの日

カマメやココルームっていったい何をやっているところなの?という声に応え、ふだんおこなっていることをこの日に集めて、祭りをします。この日だけのスペシャル企画なども目白押し。1日中なにかやっています。気軽にあそびにきてください。

チラシのPDFはこちらからダウンロードしてください

タイムテーブル

12:00 オープニング
12:30 つなしま野菜うどん(みんなでお昼・500円)
14:00 手芸ぽんぽんづくり講座
15:00 釜凹バンド〜参加型公開練習会ライブ
   初登場!釜ヶ崎流仮面劇〜世界をひっくりかえす即興劇
16:00 六月の句会
   お手紙を書く会
   かまっぷ(まち歩き)
17:00 ゆるキャラと元気になるキャラづくり
   かまっぷ(地図づくり)
18:00 アサダワタルさんのカマン!TV
19:00 佐久間新さんと〜釜カチャーシーで踊ろう
20:00 番外編夕食(500円)

他にもいろいろ

つなしま野菜販売・縁側えんにち
釜凹ホルモン焼き・本の展示と自慢
ユーストリーム生中継・フリーマーケット
似てない似顔絵・のこぎり体験・のこぎりカラオケ など

6月6日(月)21時開始
参加希望の方は、ココルームまで。

商店街道路掃除の日

この日、ココルームとカマメがある動物園前一番街の道路掃除を商店街の方々とします。
石鹸水をまき、みんなでゴシゴシこすります。少々ぬれてもいい格好でおこしください。

6月7日(火)16:00〜17:00 参加費:無料(カンパ歓迎)
ココルーム

本の自慢大会

みなさん、いよいよ待ちに待った、本の自慢大会が始まります。普段、本を自慢したくてしょうがない皆様、大好きな本を持ち寄って自慢し合いましょう。(岡本)本以外でも。

6月8日(水)15:00〜17:00 参加費:無料(カンパ歓迎)
カマン!メディアセンター

カルタづくりに挑戦

テキストや絵を描いて、釜ヶ崎やココルームのカルタつくってみる試み。まずはどうやって作るかの相談から始めます。

6月10日(金)15:00〜17:00 参加費:無料(カンパ歓迎)
カマン!メディアセンター

繕いものの日

家に溜まっている繕い物を持って来て、おしゃべりしながら裁縫をします。一人でやるのはめんどくさいけれど、みんなでやれば楽しいかも。

6月12日(日)15:00〜16:30 参加費:無料(カンパ歓迎)
カマン!メディアセンター

ゆるせつ会

ゆるやかだけれど切実。みんなで場づくりや企画運営に参加していくための会です。カマココまつりの反省と、これからのことについて話します。

2011年6月14日(火曜日)

13:30〜 参加費:ものによって
カマン!メディアセンター前

もってけバザー

誰かにとっては宝物かも!?掘り出し物をみつけてください。

18:30〜20:45 @西成市民館3階
定例まちづくりひろば

『大阪市あいりん施策のあり方検討報告書』の解説と討論
〜新しいふるさとづくりに向けた『釜ヶ崎まちづくり総合計画』促進シリーズ(その1)〜

6月15日(水)

14:00〜15:00
えんがわ健康相談会
血圧をはかってみましょう。おくちのケアを学びましょう

鶴見橋訪問看護ステーションから看護士さんが、カマメの前で血圧をはかってくれます
渡辺往診歯科から歯科衛生士さんが、お口のちょっとした相談や歯磨きの講習をしてくれます

18:00〜19:00 参加費:500円
カマン!メディアセンター

ぱそこん教室

電源ぽちっとからはじめるパソコン講座。

6月18日(土)

11:45 集合 15:30頃まで
参加費:観劇代1.300円 集合:ココルーム

オーエス劇場に大衆演劇を観に行こう

ココルームから歩いて5分、オーエス劇場へ大衆演劇を観に行きます。演劇やショー好きにはたまらない世界が待っています。

18:00〜19:30 参加費:無料(カンパ歓迎)
カマン!メディアセンター

原発について考える会
Vol.4  どうしたら、社会は変るのか 〜 運動 という視点から〜

コーディネーターを予定しておりました山田實氏による解説ができなくなりました

そのため、会では、山田さんの資料を読み合わせなどの後、参加者同士でのディスカッションという形式に変更させていただくことになりました

後日振替で、6月25日(土)18:00〜 山田實氏を迎え、本会を実施いたします

直前に大変申し訳ありません

こちらの内容でよろしければぜひご参加ください

東京での1万5千人の反原発デモ。大阪での4千人のデモ。数多く行われる署名運動や政府への声明の提出。各地で起こる、反対行動や運動… しかし、全国にある原発は止まることなくはたらきつづけ、建設予定の原発の建設予定は中止になってはいません。
社会運動として、いま起きている反原発運動をとらえたときに、社会の「変わらなさ」を越えていく技術はどこにあるのだろうか。釜ヶ崎で60年代から活動を続けてきた山田實さんとお話します。

コーディネーター 山田實

6月19 日(日) 13:00の公演です
現地集合か、11:00ココルーム出発

釜,ヶ崎のおっちゃんたちと、お芝居をみにいこう
青年団の「革命日記」を伊丹アイホールへ

革命日記
http://www.komaba-agora.com/line_up/2011/06/kakumei/

チケットの予約は各自でおねがいします

7時から ココルーム
参加費:300円(お茶・お菓子つき)もしくはワンドリンクオーダーよろしく。

おざわけんじの「うさぎ!」を読みます。

みんなで思ったことを話しましょう。

6月21日(火)15:00〜16:30 参加費:無料(カンパ歓迎)
カマン!メディアセンター

コラージュやってみよう

先日ココルームを尋ねられた写真評論家でありコラージュ作家でもある飯沢耕太郎さん。
そのコラージュ作品に触発され、みんなでコラージュ作品を勝手気ままにつくります。
お気に入りの写真のコピーや、いらなくなったチラシやごみなども使えますのでもってきてみてください。

6月22日(水)14:00〜15:30 参加費:1,000円(大学生・500円、高校生以下・子ども・しんどい方は無料)集合:ココルーム

釜ヶ崎まちあるき

労働者の街、芸能の街、大正モダニズムの建築物が残る街、昭和の香り漂うアーケードのある街、社会福祉の街、日常生活に根づいた「表現」が身近に感 じられる街・・・。さまざまな顔をもつ釜ヶ崎の街をゆっくり歩いてみませんか。気分転換をかねて東日本から大阪にいらした方も是非どうぞ。

6月23日(木)16:00〜18:00 参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター

申込:不要東北訪問報告会 宮城編

ココルームスタッフ原田が、6月5日〜9日まで宮城県へ行き状況を
伺ってきました。
多賀城の避難所2つで、こどもたちのあそぶ場づくりをしていた大学の先輩のお手伝いや、毎年夏まつりに来てくれている仙台の門脇さんに案内していただき沿岸部や避難所を回り、6月に新しく立ち上がった、仮設をサポートするパーソナルサポートセンター事務局の菅野さんに案内していただいて仮設住宅や物資倉庫を見学。
現地で活動されているアートNPOの方ともお話をしてきました。
その報告を行います。

6月24日(金) よまわり開始20:00 終了21:00
参加費:無料 集合:ココルーム

山王ミニ夜まわり

16:00頃〜おむすびなどすこしづつ準備
19:20〜みんなでごはん(カンパ制)、ミーティング
20:05〜よまわり開始
21:00ごろ終了

※野宿のかたに、おむすびやカイロ、情報をくばります。
お米、梅干し、サランラップ、飴、海苔、カイロなど、寄付も受け付けています。
お茶をいれるペットボトルも不足気味なのでよろしくお願いします。

6月25日(土)

午後 参加費:無料(何かドリンク飲んでくれると嬉しいな)
カマン!メディアセンター、ココルーム
お茶と微分帖の午後

美術家・宮田篤さん考案の「微分帖」という遊びをして、遊びます。何人ものひとと、言葉遊びをしながらひとつのお話を紡いでゆく遊びです。この日の午後ココルームやカマメに来てくれた方にどんどん声をかけて、いくつかの「微分帖」をつくります。

16:00〜18:00 場所:カマン!メディアセンター
参加費:無料(カンパ歓迎)申込:不要
東北訪問報告会 福島編

ココルームスタッフ原田が、6月10日〜12日まで福島県へ行きその状況を伺ってきました。
福島の果樹農家の方、計画避難地域に指定された山木屋の牛飼いだった方、川俣町避難所や廃校を利用した美術館、現地対策本部、飯館村の牛飼いの方、川俣町で行われた放射線の健康影響につての講演、放射能から子どもたちを守る福島の会の方、などさまざまな方とお会いしました。その報告を行います。

6月26日(日)16:00〜18:30 参加費:無料
集合:カマン!メディアセンター集合

歩いて釜っぷをつくる会

一時間ちょっとの街歩きをしてみつけたおすすめポイントを、後の一時間でマップにします。
東北の大きな地震をうけ、余震や原発が不安な方など、この釜ヶ崎にも、多くの人がいらっしゃっています。一時的にでもこの街に滞在する時に、あったらいいものは何だろう、とみんなで考える中で、それぞれのおすすめポイントがわかる地図を作りたいという案が出ました。地図にはないこの「釜ヶ崎」という街の魅力を発見してゆく会です。

6月27日(月)午後 参加費:無料(カンパ歓迎)
カマン!メディアセンター

カマン!TVフューチャリング 工作の日

アサダさんのカマン!TVを見る会と工作の日がコラボ。
テレビ(youtube)と工作でなにが起こるか、気軽に参加ください。

6月28日(土)16:00〜17:30 参加費:無料(カンパ歓迎)
カマン!メディアセンター

原発について考える会
Vol.5 原発で働くことについて考える

『原発ジプシー』(1979 講談社)。

フリージャーナリスト堀江邦夫さんが原発労働の実態を知るために、ジャーナリストの素性を隠し労働者として原発労働の現場に入って書き下ろしたのがこの『原発ジプシー』です。
「原子力について知ってほしいこと」などをみんなで読んで、原発労働について考えます。原発現場での労働経験がある人の多い釜ヶ崎。この釜ヶ崎の日雇労働者の名前も登場する本書を、このまちでみなさんとともによんでみたいと考えています。
原発ジプシーに関しては絶版品切れ、入手困難なため、1冊をみんなで回し読みします。

コーディネーター 原田麻以

6月30日(木)

17:00〜18:30参加費:無料(カンパ歓迎)
カマン!メディアセンター

原発について考える会
Vol.6 細胞から分子へ原子へそして宇宙へ

癌治療について研究していた、ココルームのライブでおなじみにゃんにゃんこと西本豊さんが、細胞、分子、原子、そして宇宙についてはなしをします。

コーディネーター 西本 豊

19時集合参加費1000円(学生500円)
夜の釜ヶ崎街歩き

普段とは違う夜の釜ヶ崎を歩いてみませんか。所要時間約2時間