COCOROOM 特定非営利活動法人 こえとことばとこころの部屋
ココルームとは 事業内容 施設案内 イベントスケジュール 事業報告 スペシャル
     

←戻る
BOOKS ARCHIVES 声が明日のページをめくってゆく
インデックス | 日程 | 参加者のレポート

世界は一冊の本
現代のアラビアンナイト
生きるための言葉を探して
現代文学新人発掘プログラム(非営利事業/作品募集中)

「Books Archives」〜物語は語り続けられる〜
むかしむかしあるところに、誰も信じられなくなった王様がいました。
王様は妃すら信じられず次々と妃を娶っては、殺してしまうのです。それを見かねた大臣の娘シェラザード姫が自ら王様の元へ出向きました。その夜、姫は、王様におとぎ話を語りはじめます。物語が佳境に入ると「この続きはまた明日」。続きが聞きたくてたまらない王様は、もう一日、姫を生かしておくことにしました。そしてシェラザード姫は、来る夜も来る夜も、王様に物語をきかせ、語ることで生き延び、生き延びるためにまた語りつづけました。アリババと40人の盗賊、シンドバットの冒険、魔法のランプ、まだまだお話はつきることがありません。シェラザード姫は、千と一夜にかけて不思議で面白いお話を聞かせながら、かたくなな王様の心を少しずつとかしていくのでした。

物語はつづいてゆく。
生きるためのことばをさがして。
声が明日のページをめくってゆく。

2004年の春からのBooksArchivesは、いいむろなおき/上田假奈代の「illusions」に端を発する。
忙しい2人は稽古の時間がとれず、上田が「illusions」の朗読を録音した。その音源は、おもしろく、シンプルで、美しかった。このスタイルで連続形式の朗読会を開くことができないか。同時にライヴレコーディングした音源を視覚障害者や多くの人達に楽しんでもらうことはできないか。
はじめ、ある南米文学者の小説が候補にあがったが、版権の問題で諦めざるを得なかった。
しかし、上田が選んだ「吹雪の星の子どもたち」は作者の山口泉さんから快い返事がもらうことができた。
ファンタジーのようであり、哲学書のようでもあるこの不思議な物語を上田は、ずっと愛読していたのだという。
Books Archivesの企画書を発端として、作者の山口泉さんとの間で何度もメールのやりとりがなされた
「著者として、この連続朗読会が一つの協同作業という意味を持つことを願っています」と書かれた山口泉さんからのことばは、もう一度、この企画の意味を問いなおすきっかけとなった。
上田は言った、「生硬でもいい、若い人達の新しい作品を読んでみたい。それが生きることばをさがすことになると思う」と。
企画はいくつかの軌道修正を経た今、新人作家の発掘が目的なのだと、気付くに至った。
Books Archivesはささやかであるが、つづけるには根気と労力がいる企画だ。
現代に語り部がいるとしたら、やはり、生きるためのことばを探していくのだろう。




Books Archivesの主旨

Books Archivesは、ライブレコーディングを同時に実施します。

本事業はnon-profit(非営利)を原則とし、音源をcocoroomの声とことばの資料としてアーカイヴ保存。
視覚障害をお持ちの方などの普段現代文学に触れる機会が少ない方々も気軽にご利用いただけます

Books Archivesは、新人作家発掘と育成を通じて、市民文化へ貢献できることを目標とします

新人作家募集中!問合わせ:cocoroom Books Archives係(06-6636-1662)cocoroom@kanayo-net.com




Books Archives予定作品

「吹雪の星の子どもたち」山口泉著(径書房刊/1984)

吹雪の星で家族や 友達や いろんな年齢や 職業のひととであいながら
差別や 不条理なできごとに遭遇しながら
子どもたちが 目にみえない明日を選びとっていく 物語

物が語られているとき わたしは 目を瞑って
かすかな糸を 手探りしながら 頁を繰っていく
目は 文字を追いかけているけれど
なぞっているのは 語られている物の
向こう側にある世界のありようなのだと 思う (上田假奈代)

若手新人による書き下ろし作品

美術作品、雑誌、日記、静物などの世界を構成するマテリアルの定点リーディング

SECRET NOVEL 〜20世紀文学の最高峰〜予定作品




日程と詳細はCOCOROOMスケジュールをご覧ください

会場:cocoroom(大阪市・動物園前フェスティバルゲート4階)

入場無料(ただし、ドリンクチケット代として\500必要です)
お問合わせ:06-6636-1662 cocoroom@kanayo-net.com
Cocoroom〒556ー0002大阪市浪速区恵美須東3ー4ー36フェスティバルゲート4F
主催:BOOKS ARCHIVES 実行委員会

●読み手

上田假奈代(www.kanayo-net.com)

 詩業家/こえとことばの革命家
 ※profile
 詩の朗読のCDアルバム、「愛さない」(99年)・「R指定」(02年)・あなたの上にも同じ空が」(03年)などを発表
 特定非営利活動法人・こえとことばとこころの部屋の代表を務める

Won Jiksoo (ウォン・ジクスー)

 現代音楽家/ヴォイスパフォーマー
 ※profile
 1960年大阪西成生まれ 在日韓国人二世、大阪芸術大学舞台芸術学科卒業
 1986年劇団オンシアター自由劇場に研究生として入団
 1992年NYクラブU.S.AでBandH.M.Sデビュー
 以降現代美術作家や舞踏家とのコラボレーションを精力的に展開




Books Archives実行委員会では 寄付をつのっています

本企画にご賛同いただける方の寄付を募っております
寄付専用口座:みずほ銀行 阿倍野橋駅前支店 普通 8075147 ブックスアーカイブス

※活動履歴
2002〜 病院朗読カフェを継続中
2003〜 視覚障害者使節日本ライトハウスにて月2回のワークショップ活動を継続中